広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広告





広告


大学を卒業して一人暮らしをすることになった。


住むアパートは会社が委託している不動産管理会社を通すと
全部、手続きをやってもらえるのでそこに任せることになった。


家賃とか間取りとかエアコン有りとかなしとかの条件を書くアンケート用紙を郵送だかFAXで送って、
後日、該当物件のコピーが沢山送られてきた。


その中からいくつかチョイスして、不動産管理会社に行った。


女性の20代後半くらいの担当者がついた。


軽4で現地に案内してもらった。


思ったより古かったり、狭かったり、駐車場がなかったり、全然住みたいと思えなかった。

もうちょっと駅から離れててもいいので他もみたいと3軒目をみ終わった後に言った。


すると、凄く嫌みったらしくそして物凄い面倒くさそうな表情で
そして、いかにも忙しそうな感じで時計をみて、
「一人の人に時間をかけられない」と言い出した。


僕は唖然としてどうしたらいいのかわからず、「じゃあ、隣の地域の委託管理会社に行きます。」と言った。


女性は私を睨みつけて「じゃあ、そうしてください。」と言った。


帰りの車中、僕らは無言だった。



管理会社に戻って僕は彼女に「ありがとうございました」と言ったが、
他の地域の管理会社の地図と住所が書いた用紙をくれただけで、「ありがとうございました」とは決していわなかった。



初めてアパートを借りることになったので、その時がシーズン中で忙しいという配慮が私には足りなかったと思うし、
どのくらい現地案内してもらえるかもわからなかった私も悪いのかもしれない。
でも、やっぱり、しばらく住む場所なので妥協はしたくなかった。


結局、隣の地域の不動産管理会社にコピーを送ってもらって、該当の物件に自分の車でまわって外観や地域をチェックしに行って、
二軒だけ案内してもらって、二件目に決めたのだった。


そして、入社後の管理会社についてのアンケートを会社に提出する際、
結局、新入社員として会社にめんどうな奴だと思われたくなかったので私は悪くは書くことはなかった。


でも、今考えても悔しいし腹が立つ。


広告




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。